歩行者事故の事例
  死亡事故の事例
  後遺症非該当から12級該当の事例
  自転車事故の事例
  紛争処理センターへの申立てが功を奏した事例
  被追突むち打ちの事例
  物損事故案件の事例
 
 
 
表 題 歩行中に自動車がぶつかって怪我 助けてもらうところが分からなかった
論 点 慰謝料・損害賠償・人身事故
依頼主 30代 女性



(相談前)
歩行者である私が被害者。
相手は自動車。事故後、保険会社から私に連絡がくるが、知識がないし、話すのが嫌だった。保険会社の話は、徐々に治療を打ち切ってほしいかのような流れに。でも、痛みがあるなど、まだ治療に専念したかったし、後遺症が今後残らないかも不安だった。
とはいえ、歩行者なので、私には頼る保険会社もなく、誰に相談してよいか分からなかった。弁護士さんだとは思ったが、費用が気になり、なかなか連絡できなかった。



(相談後)
徐々に治療を打ち切ってほしいという流れになり、思い切って弁護士に相談した。アクセスがよかったのと、専門性を見た。それと、案件依頼の場合は無料、見積りも取れ、法テラスも扱う事務所だったので。
でも、やっぱり行くまでの敷居は高かった。けれど、初回相談の印象と、今後の見通しなどの説明を聞き、先入観が変わり、依頼した。
窓口が全て弁護士になり、保険会社の煩わしさから解放された。また、弁護士のアドバイスに基づき、治療に専念できた。幸い後遺症は残らなかったが、残った場合の説明も十分で安心できた。休業損害などのことについても、よく分からなかったが、全部任せることができた。
当初の保険会社の提示よりも、弁護士が入って示談額が上がったことに驚いた。
自分でやる大変さや、精神面、示談面など、全体を見ると、弁護士を頼んでよかった。もっと早く相談すればよかった。



(弁護士からのコメント)
歩行者と自動車事故の被害者の場合、頼る保険会社がないのがほとんどです。
また、物損のみや相手が無保険の場合は、保険会社があっても、交渉などが滞りがちです。
そういった場合にも、当事務所は対応し、経験と実績がございます。
費用面は、法テラスが利用できたり、安心していただけるよう、できる限りの配慮をしています。
弁護士に頼む様々なメリットの中では、窓口が弁護士になる、示談額の基準が上がる、専門知識で対応できるというのが、大きいと思います。
今回のケースでは、後遺症が残らず幸いでした。
怪我については、協力医のバックアップ体制を整えており、頸椎捻挫、お顔に残る傷跡、高次脳機能障害など、様々な後遺症の知識と経験があります。
お客様に満足していただけると、弁護士のやりがいを一番感じます。

   
   
 
   
   
 
準備中  
トップページ
選ばれる理由
解決事例
弁護士費用
弁護士紹介
アクセス
藤沢 鎌倉 茅ヶ崎 平塚の法律まめ知識by弁護士高岡輝征
 
大船 鎌倉 藤沢 辻堂 平塚の弁護士
交通事故弁護士
顧問弁護士
離婚弁護士
相続弁護士
刑事弁護士