お近くで専門性ある交通事故の被害者側弁護士をお探しの方へ
 
 
弁護士特約を使いたいが、弁護士事務所は自分で探すよう言われた。
大切な人を交通事故で失った。大きな怪我や障害を負った。むち打ち等の怪我で仕事や日常生活に大きな影響が出ている。
保険会社と交渉をすること自体が不安。負担が大きい。
保険会社の対応が渋い。治療費や休業補償の支払を打ち切ると言われた。
後遺障害等級認定を申請したい。異義申立てをしたい。
適正な賠償金の額を知りたい。
こんな事例も
弁護士特約がない場合(歩行者・自転車事故)や、相手が無保険の場合
加害者への適正な刑事処分を求める活動、刑事裁判への被害者参加(死亡事故や頭部外傷事故では特に重要)
 
弁護士特約がある場合は、ご自身の保険会社に、「弁護士特約を使って弁護士法人プロフェッションに依頼したい」旨伝えていただくことで、連携して対応できます。
この場合の弁護士費用・法律相談料は、原則本人負担はありません。
   
利益相反上、相手保険会社によってはお受けできない場合があります。
   
 
 
実績(大船・辻堂・平塚の3つの事務所合計)
湘南内3事務所・弁護士7名だからできるサポート体制
 
弁護士法人プロフェッションでは、法人全体でノウハウを共有し、一人の弁護士が検討するよりも、よりよい解決を見いだしていきます。
医療過誤事件にも取り組んでいるため、医療過誤事件から得た医学的知見を反映させ、協力医とも連携し、解決にいかしています。
 
弁護士が全ての交渉窓口に
  交通事故にあうと、入通院をしながらご自身で交渉を行うことになりますが、弁護士に依頼することで、その大変な負担から解放されます。
現場を大切にした弁護方針
  「言った」「言わない」になりがちな交通事故では、現場を大切にした弁護方針が基本になります。

現場を弁護士目線で把握することにより
「本当に相手車両を見通すことができるか」
「交差点のそれぞれの信号機の点灯時間やタイミングはどうなっているか」
「実際に同じ速度で走ったとき、ブレーキを掛けて止まれるのか」
など、事故の実態を踏まえた解決ができます。
弁護士ならではの有利な証拠の収集
  弁護士ならではの視点・手段で有利な証拠をできる限り収集します。

例えば、診療担当医への面談同行、後遺障害認定に必要な協力医からの意見聴取、検察庁からの実況見分調書の取り寄せ、警察署からの物件事故報告書の取り寄せなどを行います。
 
 
面倒な手続きをお近くの弁護士で(湘南内3事務所・土日夜間対応)
事故直後から対応できます(むしろ推奨しています)
個室面談対応
医師、事故調査会社、ディーラー、自動車整備工場、社会保険労務士、税理士などの関係専門家との連携体制があります
 
   
 
選ばれる理由
解決事例
弁護士費用
弁護士紹介
アクセス
藤沢 鎌倉 茅ヶ崎 平塚の法律まめ知識by弁護士高岡輝征
 
大船 鎌倉 藤沢 辻堂 平塚の弁護士
交通事故弁護士
顧問弁護士
離婚弁護士
相続弁護士
刑事弁護士