弁護士法人プロフェッション
お問い合わせ
弁護士法人プロフェッション 弁護士紹介 法律相談 取り扱い業務 事業主・法人様 料金表 お客様の声
HOME >取り扱い業務
取り扱い業務
 
民事 民事訴訟|民事調停|債権回収|不動産(売買・賃貸)トラブル|交通事故|損害賠償・慰謝料請求| 任意整理|過払い請求|自己破産|個人再生|その他民事一般|

(重点分野)        

交通事故

医療過誤

不動産・建築問題


   
家事 家事調停|家事裁判|相続|遺言作成|男女トラブル(離婚・不倫・婚約破棄)|夫婦関係修復|成年後見|任意後見|その他家事一般|

(重点分野)    

相続・遺言

男女トラブル(離婚・不倫・婚約破棄)

 
刑事 私選弁護|示談交渉|刑事弁護人|少年付添人|裁判員裁判|告訴・告発|その他刑事一般|

(重点分野)    

刑事・少年事件

   
その他 内容証明・契約書作成等|弁護士法23条照会|医療過誤|建築紛争|労働紛争|租税訴訟|行政訴訟|経営問題|その他法律問題|

(重点分野)    

顧問契約

   

相続・遺言

お気持ちを第一に、相手と法律との折り合う解決をめざします。
税理士・司法書士・不動産鑑定士などの相続の専門家とも連携しています。

お気持ちを第一に
あなたの気持ちを第一に、まず、納得のいかない点、しがらみになっている点はどこかを探ります。

経験上、あなたが理にかなっていて、相手がそうでないケースが多いです。また、「共有でかまわない」「ただ分割すればよい」とか、「これはいらない」「これはほしい」では、解決できません。

相手と法律との折り合う解決を目指します。

遺言について
自筆の遺言の場合、それが有効かや、「検認」という手続が問題となります。
遺言内容に疑義がある場合、「遺留分侵害額請求」の必要があります。

遺言の作成を弁護士に頼む理由は、将来の「争続」を予防することに優れるからです。メリットとデメリットをご説明しながら、遺言の案文作成などをします。

他士業との連携
湘南地域の専門家ネットワーク「湘南士業の会」に所属しており、キャリア10年以上の【税理士】【司法書士】【不動産鑑定士】【土地家屋調査士】【行政書士】【社会保険労務士】など、様々な専門家と連携しています。
複雑な相続問題もワンストップで解決できます。

「争族」予防のため、問題がまだ生じていない場合も、ご相談ください。

男女トラブル(離婚・不倫・婚約破棄)
お気持ちを大切に、解決の先の人生の再出発を考え、取り組みます。
法人の年間相談全体(3事務所の総数)のうち、約23%が離婚・男女問題です。
大切にしていること
あなたの「なぜ?」「許せない」といったお気持ちを大切にしています。
一方で、心身ともに疲れ切っている方がほとんどですので、メンタルケアも大切にしています。

これらが、経験上、当法人を選んでくださる理由だと感じています。

弁護士の個性を感じてほしい
離婚・男女問題は、関係が最も密な者同士2人のトラブル。
その分、他に同じものは1つとしてありません。

3つ事務所(大船・辻堂・平塚)に合計8人の弁護士がいます。 弁護士プロフィールを詳しくしていますので、各弁護士の個性をご覧ください。 各弁護士の個性を見て、来所される方がほとんどです。
相手の考えを先読みし、復縁や関係修復も視野に
解決にあたり、相手の考えを先読みし、メリットとデメリットをご説明しながら、進めています。

復縁や関係修復を望むお客様もいます。
もちろん、そのような場合にも対応しています。

人生の再出発のお手伝いに徹する
解決の先の、人生の再出発を考え、すべきことはするという姿勢で取り組んでいます。
すべきことをしたうえの結果であれば、後悔を残さずに、人生の再出発ができると考えるからです。

弁護士の役割は、人生の再出発のお手伝いに徹することだと思っています。

交通事故

法人の年間相談全体(3事務所の総数)のうち、約25%が交通事故案件です。
専門性を発揮し、交通事故問題を解決します。

こんな事例も
弁護士特約がない場合(歩行者・自転車事故)や、等級非該当の怪我、当事者が無保険の場合にも対応しています。
弁護士特約がある場合は、保険会社と連絡をとり、対応します。
現場を大切にした進め方
「言った」「言わない」になりがちな交通事故では、現場を大切にした進め方が必要です。

現場を把握することで
「本当に相手車両を見通すことができるか」
「交差点のそれぞれの信号機の点灯時間やタイミングはどうなっているか」
「実際に同じ速度で走ったとき、ブレーキを掛けて止まれるのか」
など、事故の実態に沿う解決が可能になります。
経験と実績
法人年間相談件数の約3割が交通事故のお客様です。

怪我については、協力医師がおり、意見を聞ける体制です。案件ごとに、かかりつけの医師とも話をすることが多く、頚椎捻挫や高次脳障害等の後遺症に関する経験と知見があります。

経験と実績には自信があります。

【交通事故(公刊物掲載)実績】
交差点での自動車同士の衝突は原告車を追越し突然進路前方に現れた被告車との衝突回避は困難として原告の過失を否認した事例(横浜地裁平成29年3月29日判決。自保ジャーナル2002号139頁)
   
41歳男性調理師の自賠責12級6号左肩関節機能障害の逸失利益を67歳まで10%の労働能力喪失で認めた事例(横浜地裁平成30年3月15日判決。自保ジャーナル2023号99頁)
   
1級1号完全麻痺等を残す48歳男性将来介護費用を65歳以降は職業介護人の介護の必要性を認めると平均余命まで日額1万円で認定し、自宅建設費用等を約1,267万円認めた事例(横浜地裁令和2年1月9日判決。自保ジャーナル2063号1頁)

 

弁護士に一任するメリット
弁護士に一任するメリットは、相手との窓口が全て弁護士になること。
これにより、わずらわしい手続から解放されることになります。
また、弁護士が介入すると、慰謝料等の基準が上がります。

これらが、お客様にとっての大きなメリットです。

 

専門サイト 交通事故の相談所

医療過誤

法人内で医療問題の経験豊富な弁護士とチームを組んで対応。
医療事故情報センターや協力医とも提携し、専門訴訟に取り組んでいます。

1.ハードルが高い医療事故への積極的かつ組織的な取組み
医療問題は専門性が高く、法律だけではなく当然、医学の知識が必要不可欠です。

例えば、
・医療行為に問題はないか
・問題があるとして法的な責任を追及できるか
・責任を追及するにはどんな証拠が必要なのか
といった点で、通常の事件よりも、ハードルが高い分野です。

一方で、このような医療問題は、お客様の生命身体の安全に直結する極めて重要な法分野です。
弁護士の専門性や総合力が試される分野ともいえます。

そこで、当法人は、積極的かつ組織的に取り組んでおります。

2.協力医や医療事故情報センターとの連携体制
当法人は、協力医を紹介する機関「医療事故情報センター」と提携しております。
その他にも人脈を駆使し、相応しい協力医を見つける努力をします。

これまでに医療事故案件で当法人弁護士が面談した協力医は、10名以上(内科、産婦人科、整形外科、外科、精神科、美容整形外科、呼吸器内科、麻酔科、眼科)になります。

協力医との連携だけでなく、当法人は、医学専門書や過去の医療判例データーベースも使い、医療問題に取り組んでいます。

3.地域密着で便利に
湘南内の大船・辻堂・平塚に3つの事務所があり、計8名の弁護士が所属しています。

大船の事務所では夜間(火・木)、辻堂の事務所では土曜日、平塚の事務所では日曜日に、それぞれ相談対応しています。

医療問題という専門性が高い分野でも、地元湘南に、積極的かつ組織的に取り組んでいる弁護士法人があり、遠くの弁護士を探さなくてもよいと言われる心強い存在になりたいと思っています。

不動産・建築

不動産の売買・賃貸・遺産相続、建築紛争、下請・孫請などのトラブルに、司法書士・土地家屋調査士・不動産鑑定士・1級建築士などの専門家とも連携して取り組みます。

経験と実績
地域の様々なケースの不動産トラブルを取り扱った経験と実績を踏まえ、解決に向けた見通しや進め方を検討します。

また、解決にあたり、お客様のお話をよく聞き、メリットとデメリットをご説明しながら、進めるよう心がけています。
地域性が絡む重要問題という認識
不動産トラブルは、貸主・売主・相続人・事業主・個人・施主などの色々な立場が想定され、利害対立が根深い重要問題です。

その解決には、法律・専門知識が不可欠なうえ、特に、地域の土地勘や相場感が大切です。

湘南地域密着の当法人に相談していただければと思います。

他士業との連携
湘南地域の専門家ネットワーク「湘南士業の会」に所属し、キャリア10年以上の【司法書士】【土地家屋調査士】【不動産鑑定士】【1級建築士】など、様々な不動産の専門家と連携しています。

「どの士業に相談すればよいのか・・・」
「様々な専門家に相談すると金額が高くならないか・・・」
このような不安をもつことなく、ワンストップの法的サービスをご提供できます。

利害を見極めた問題解決
不動産関係の問題は、対立する相手が1人とは限らないなど、個々の相手ごとに、ふさわしい手続を考えながら、進めるという視点が大切です。
この視点を意識して取り組んでいます。

進め方は、個別事案に応じ、こちらと相手の弱みと強みを踏まえ、適切な進め方をとる必要があります。

例えば、当法人の所属弁護士8名連名の内容証明を送るのが有効な場合もありますし、できるだけ角を立てず穏便に進めたり、地道に粘り強く交渉したり、利害調整を図って円満解決を目指すなどします。

その際、預金差押えなどの強制執行や、その後の裁判のことまで念頭に置いています。

刑事・少年事件

代表が東京地検公判部など検事歴4年。検察・警察の手の内を熟知。
それを先読みした弁護をします。

代表が元検事
検事歴4年。ほぼ全ての犯罪類型の捜査・公判の経験が豊富です。
検察や警察の手の内を熟知し、その捜査側の手の内を先読みします。

先読みする弁護は、そうでない弁護よりも、明らかに有効です。
例えば、検察官の尋問事項がほぼ想定でき、事前に、想定尋問への対応をアドバイスできます。

捜査を見通す力と量刑感覚
依頼者の心配は、「逮捕されるのか」「今後どうなるか」「どんな処分になるのか」がほとんど。

検事の経験から、捜査を見通す力と量刑感覚が身についています。
それを伝えると、不安が減ったと皆さんおっしゃいます。

本人に有利な事情を裁判に提示
裁判官は、実態に沿う判決を下します。
しかし、得てして、検察や警察は、本人に不利な事実を強調します。
そこで、検察や警察があえて取り上げない、本人に有利な事実を1つ1つ丁寧に拾い、しっかりと実態を裁判官に提示しています。

本人に有利な判決に繋がるため、それが弁護人の最大の役割だと考えています。

弁護経験も豊富
弁護士歴16年以上になり、弁護士としても、交通事故、薬物事犯、窃盗など財産犯、それ以上に刑が重い重大事件、また、裁判員裁判など、積極的に取り組み、豊富な経験があります。
急ぎの対応ができます
刑事事件では、すぐに弁護士を探し相談したいもの。

湘南内3つの事務所により、土日など全曜日と夜間にも対応できます。
すぐに相談でき、その後、速やかに弁護士接見に出かけるなどの行動ができます。

ただし、反省していない、更生を誓わない、被害者への謝罪の心がない、保身のみで刑を軽くすることばかり考えている、被害者が女性、子ども、お年寄りなどの場合は、特段の事情がない限り、依頼をお断りしています。

そうでない依頼者の弁護に集中し、社会正義も重視するからです。
ご了承ください。

 

 

顧問契約

現場重視の顧問弁護士|介護、歯科、建設、運送、物販(通販)、化粧品メーカー、税理士事務所、社労士事務所を中心とした顧問先様を専門的にサポート中

大切にしていること
社長様・事業主様からの重めの相談・紛争から、法務担当者が現場実務で直面する法的な悩み(けれども弁護士に聞くには敷居があり躊躇するようなもの)なども、気軽に相談できる体制をとっています。
顧問契約の3つのメリット
1. 問題の大小問わない相談のしやすさ
2. 問題解決への随時・迅速・優先対応
3. 社会的信用の向上及び安心感
1. 問題の大小問わない相談のしやすさ
当法人の特色は、事務所数(湘南内3事務所)・弁護士数(大船2名、辻堂2名、平塚4名)・営業日(大船が火木夜間21時まで対応、辻堂が土曜営業、平塚が日曜営業。法人全体ではどこかが毎日営業する体制)であり、「問題の大小を問わず相談しやすい」法律事務所です。
2. 問題解決への随時・迅速・優先対応
契約書のチェックや作成・債権回収・労働問題・クレーマー対応・交渉窓口・事業所の新築や賃貸借に伴う問題、介護の高齢者関係、知的財産権保護など、これまで長年多数の顧問先様の企業法務をつとめ、大小様々な問題に対応して参りました。
これらの経験・実績に加え、所属弁護士全員の組織力をいかし、法令・文献・判例の調査徹底によって、顧問先(現場法務担当者)様との連携を密にしながら、個別事情や問題意識を共有し、「問題解決への随時・迅速・優先対応」をしています。
3. 社会的信用の向上及び安心感
当法人の弁護士ないし法律事務所としての名実は、殊に湘南地域における実績・知名度・対外的信用力は顕著です。顧問契約により顧問弁護士となることによって「社会的信用の向上及び安心感」に繋がると自負しております。
主な顧問先
各種介護施設運営会社
特別養護老人ホーム,グループホーム等運営の医療法人社団
障害者グループホーム運営NPO法人
介護用品レンタル等のホールディングス会社
青果卸売・販売,車オークション運営等のホールディングス会社
歯科医院
化粧品メーカー
雑貨販売会社
運送会社
建設建築会社
高所作業,外装リニューアル工事会社
コンテナ販売会社
不動産仲介会社
飲食店
電気設備会社
パソコン修理会社
中小企業診断士事務所
税理士事務所
司法書士事務所
社労士事務所
 
 
大船法律事務所のご案内
辻堂法律事務所のご案内
平塚八咲町法律事務所のご案内
よくある質問
プロフェッションとは
街の弁護士高岡輝征
 
交通事故の相談所
顧問弁護士
離婚の相談所
相続遺言の相談所
刑事弁護の相談所
債務整理の相談所
〒247-0056 
神奈川県鎌倉市大船1-12-21 
中田ビル3階
電話:0467-42-8093
FAX:0467-48-0893

大きな地図で見る

印刷用はこちら
〒251-0042 
神奈川県藤沢市辻堂新町1-2-23 
プリメロ湘南301
電話:0466-54-7342
FAX:0466-54-7402

大きな地図で見る

印刷用はこちら
〒254-0811 
神奈川県平塚市八重咲町18-25
寺本ビル3階
電話:0463-79-6014
FAX:0463-79-6714

大きな地図で見る

印刷用はこちら
 
 
法テラス
当法人は日本司法支援センターと提携しています
 
神奈川県弁護士会
当法人及び所属弁護士は神奈川県弁護士会に所属しています

地元湘南で頼む価値ある心強い弁護士・法律事務所を目指す弁護士法人
HOME 弁護士紹介 法律相談 取り扱い業務  事業主・法人様 料金表 お客様の声
よくある質問 プロフェッションとは アクセス

湘南に3つの事務所(土日・夜間も対応)

大船法律事務所 辻堂法律事務所 平塚八重咲町法律事務所